SAKURA internet

さくらのクラウドの最新情報、技術情報

さくらのクラウドニュース

さくらのクラウドの最新情報や、開発に役立つ技術情報をお届けします。

DHCP

[更新:2016年8月10日]

共有セグメントにて提供しているDHCPについての情報です。

1.概要

IPアドレスの自動割当設定がなされているサーバ作成時に共有セグメントに接続することで、DHCPによりグローバルIPアドレスがサーバに設定されます。
ディスク修正機能に対応していないWindows Serverや、ISOイメージを用いてOSインストールを行う際にインストール時の設定作業が大幅に簡略化されます。

2.利用手順

Windows Server 2012 R2

※本項目はWindwosを公開サーバとして使用する場合の手順です。VPC内で使用される場合は従来通りリモートスクリーンでIPアドレスを設定してください。

サーバ作成時に「インターネットに接続」を選択します。
dhcp-ws2012-01

Windows Serverの初期セットアップはリモートスクリーンから行います。

「次へ」をクリックします。
dhcp-ws2012-02

ライセンス条項を確認し、同意する場合は「同意します」をクリックします。
dhcp-ws2012-03

Administratorパスワードを入力し、「完了」をクリックします。
dhcp-ws2012-04

以下の画面が表示されれば初期セットアップは完了しており、DHCPによりIPアドレス取得ができています。リモートスクリーンを閉じます。
dhcp-ws2012-05

リモートデスクトップ接続を開き、「コンピュータ」欄に、サーバに割り当てられたグローバルIPアドレスを入力して「接続」ボタンをクリックします。
※グローバルIPアドレスはサーバ一覧画面および詳細画面にて確認できます
dhcp-ws2012-06

上のテキストボックスに「Administrator」、下のテキストボックスにAdministratorパスワードを入力し、OKをクリックします。
WS000316

Windows Serverのデスクトップ画面が表示されれば、リモートデスクトップ接続は成功しています。

NICのプロパティを確認すると、DHCPの設定になっています。
WS000318

コマンドプロンプトで「ipconfig /all」コマンドを実行すると、DHCPにてグローバルIPアドレスが割り当てられていることが確認できます。
dhcp-ws2012-09

コントロールパネルのサーバ詳細画面で「IPv4アドレス」「ゲートウェイ」「ネットワーク」を確認し、「インターネット プロトコル バージョン 4(TCP/IPv4)のプロパティ」画面にてネットワーク設定を行い、「OK」ボタンをクリックします。
dhcp-ws2012-10
dhcp-ws2012-11

3.仕様および注意事項

  1. ディスク修正機能に対応しているアーカイブについては、従来通り固定IPアドレスがディスクに書き込まれ、DHCPは使用されません。
  2. 共有セグメントに接続された際に割り当てられるグローバルIPアドレスがDHCPで割り当てられます。DHCPによって異なったIPアドレスが割り当てられることはございません。
  3. DHCPはディスク修正機能でIPアドレスを設定できないOSに対して設定を簡易にするものです。本番運用時には必ずOS側の設定を固定割当設定にしていただきますようお願い致します。
  4. DHCPのパラメータは予告なく変更になる場合があります。
  5. DHCPにてIPアドレスを取得し通信を行っている際は、SLAの対象外となります。
  6. DHCPで配布されるホスト名は sv-NNNNNNNNNNNN (サーバのリソースID 数字12桁) 形式となります。
  7. DHCPで配布されるDNSサーバ(resolver)は、サーバを作成したゾーンの推奨ネームサーバが設定されます。
お電話でのお問い合わせ

0120-380-397

カスタマーセンター 受付時間:平日10:00〜18:00

※さくらのクラウドについてのお問い合わせは、音声ガイダンスにて[6]番をご選択下さい。