SAKURA internet

さくらのクラウドの最新情報、技術情報

さくらのクラウドニュース

さくらのクラウドの最新情報や、開発に役立つ技術情報をお届けします。

Magento

[更新: 2017年3月29日]

さくらのクラウドのスタートアップスクリプト「Magento」に関するページです。

1. 概要

Magento とは

Magento Logo

Magentoは多言語に対応した EC サイトのプラットフォームです。拡張性に優れており、北米やヨーロッパを中心に広く使われています。スタートアップスクリプトを使うことで、MagentoのComunity Editionを動かすために必要なウェブサーバとデータベースを自動的にセットアップします。

セットアップされる環境

項目
概要・バージョン
OS
Ubuntu 16.04 LTS
Magento
2.1.5
Webサーバ
Apache 2.4.18
ドキュメントルートは /var/www/magento/
PHP
PHP 7.0.17-2
DB
MySQL 5.7.17

※2017年3月24日現在

2. 利用手順

「Magentoスタートアップスクリプト」は以下の手順で作成・設定を行います。

事前準備

■Magento Marketplaceのpublic keyとsecret keyの準備:

あらかじめMagentoマーケットプレイスで会員登録をお願いします。

つぎに、リストから、public keyとprivate keyを作成しメモしておきます。すでに作成済みのものがあればそちらを利用しても構いません。

サーバの作成

通常のサーバ作成と変わる、特徴的な点のみ解説します。

サーバの作成手順(1)

左メニューの「サーバ」をクリックし、右上の「追加」をクリックします。

server create

サーバ作成時に、シンプルモードのチェックを外します。

シンプルモード

サーバプランは、仮想コア:4コア、メモリ:8GB以上を推奨します。低スペックの場合インストールが失敗することがありますのでご注意ください。

アーカイブは、[Ubuntu Server 16.04.1 LTS 64bit]を選択します。

サーバの作成手順(2):スタートアップスクリプトの指定

スタートアップスクリプトは、[Magento]を選択します。

スタートアップスクリプトの選択

以下のようなオプションが表示されるため、それぞれ入力します。

magento option

■Magento管理者アカウントのメールアドレス:
各種通知をするメールアドレスのを入力します。インストール完了時にログインパスワードも通知されます。

■Magento Marketplaceのpublic keyとprivate key:
あらかじめ作成して置いたMagentoマーケットプレイスの、リストからpublic keyとsecret keyをコピーして入力します。

■Magentoのサンプルデータをインストールする:
デモ用のデータをインストールし、使い勝手をすぐに確認できます。

3.サーバ起動後に実施推奨する作業

スタートアップスクリプトの削除

実行したスタートアップスクリプトが以下のディレクトリに保存されています。パスワード等も記載されているため、削除してください。

“/root/.sacloud-api/notes/スタートアップスクリプトID/” 以下に配置

正常に実施出来なかった場合はログを確認ください。詳細は、スタートアップスクリプトページをご参照ください。

Magento 管理画面の確認

ログインURLと管理者IDとパスワードは先ほど入力したメールアドレスに届きます。ログイン後はパスワードを変更する事をお勧めします。

また、さらに詳しい Magento 関連の初期設定情報の詳細は “/home/ubuntu/info.txt” をご参照ください。info.txt は、確認後に必ず削除してください。

お電話でのお問い合わせ

0120-380-397

カスタマーセンター 受付時間:平日10:00〜18:00

※さくらのクラウドについてのお問い合わせは、音声ガイダンスにて[6]番をご選択下さい。