SAKURA internet

さくらのクラウドの最新情報、技術情報

さくらのクラウドニュース

さくらのクラウドの最新情報や、開発に役立つ技術情報をお届けします。

WordPress for KUSANAGI8

[更新: 2016年12月6日]

さくらのクラウドのスタートアップスクリプト「WordPress for KUSANAGI8」に関するページです。

1. 概要

WordPress for KUSANAGI8 とは

kusanagi

KUSANAGI 8.0の環境に、WordPressを簡単にインストールすることが出来るスタートアップスクリプトです。このスクリプトを使用することで、リモートコンソール上でkusanagiコマンドによる初期設定を手動で行うことなくWordPressが利用可能になります。

セットアップされる環境

項目
概要・バージョン
OS
CentOS7.2
KUSANAGI
8.0.2-1
Webサーバ
Nginx 1.11.5-1 (kusanagi repo)
PHP
HHVM 3.15.0 (PHP 5.6.99-hhvm) (kusanagi reqo)
PHP 5.6.28 (remi-php56 repo)
PHP 7.0.13-1 (kusanagi reqo)
本スクリプトは WordPress を HHVM で動作するようにセットアップします
DB
MariaDB 10.0.28
WordPress
4.6.1–ja インストール時点の最新バージョン
リポジトリ
kusanagi, epel, remi(disable), remi-php56(disable)

※2016年12月6日現在

 

2. 利用手順

「WordPress for KUSANAGI8 スタートアップスクリプト」は以下の手順で作成・設定を行います。

サーバの作成

通常のサーバ作成からかわる特徴的な点のみを解説します。

サーバの作成手順(1)

左メニューの「サーバ」をクリックし、右上の「追加」をクリックします。
server08

サーバ作成時に、シンプルモードのチェックを外します。
plesk00

アーカイブは、[KUSANAGI8.0 (CentOS7.x)]を選択します。

サーバの作成手順(2):スタートアップスクリプトの指定

スタートアップスクリプトには、[WordPress for KUSANAGI8]を選択します。

スタートアップスクリプトオプション

■ ユーザ kusanagi のパスワード:
Linux の OS の kusanagi ユーザのパスワードになります。
8文字以上の英数字記号を混ぜて作成ください。

本スクリプトが実行完了すると、SSH で kusanagi ユーザでログイン出来るようになります。
公開鍵を指定する場合は、kusanagiユーザでも使用可能です。

※ KUSANAGI は root での ssh ログインを許可していません。root になるには、kusanagi ユーザから su してください。
※ 本スクリプトを実行しない場合は、コンソールよりkusanagiユーザのパスワード設定などが必要となりますが、コンソールからの初期設定は必要なくなります。

■ MariaDB root ユーザのパスワード:

MariaDBの管理者パスワードです。
8文字以上の英数字記号を混ぜて作成ください。

■ WordPress管理者ユーザ名:

半角英数字、下線、ハイフン、ピリオド、アットマーク(@)のみが使用可能です。
rootやadminなど推測されやすいユーザ名は避ける方が良いです。
スクリプトでは入力文字列のチェックは行いませんのでご注意ください。

■ WordPress管理者パスワード:

WordPressにログインするユーザのパスワードです。
8文字以上の英数字記号を混ぜて作成ください。

■ WordPress サイトのタイトル:

256文字以下で指定してください。日本語も試用可能です。後からでも変更可能です。

■ WordPress 管理者メールアドレス:

インストール完了後、WordPress からのメールと、スタートアップスクリプトからのメールの2通メールが送信されます。

全ての項目の設定が完了したら、右下の「作成」ボタンをクリックします。

※サーバ作成後スタートアップスクリプトが動作しKUSANAGIのセットアップが行われますが、完了するまでに約1分程度の時間がかかります。

スクリプトが正常に完了すると、指定したメールアドレス宛てにメールが送信されます。スタートアップスクリプトから送信するメールはスパムフィルタに引っかかる可能性が高いため、10分以上届かない場合は、スパムフィルタ等をご確認ください。

その後、サーバが自動的にリブートしますので、一度アクセスが出来た場合もアクセスが一旦出来なくなる場合があります。再度アクセスが出来るまでお待ちください。

3.サーバ起動後に実施推奨する作業

スタートアップスクリプトの削除

実行したスタートアップスクリプトが以下のディレクトリに保存されています。パスワード等も記載されているため、削除してください。
“/root/.sacloud-api/notes/スタートアップスクリプトID/”以下に配置

正常に実施出来なかった場合はログを確認ください。詳細は、スタートアップスクリプトページをご参照ください。

DNS設定

IPアドレスが確定したので、WordPressで利用したいドメイン名のDNSの設定を行ってください。

WordPressの設定変更

■ サイトURLの変更

サイトURLは、サーバIPアドレスが指定されています。適切なドメインに設定してください。

[WordPress 管理画面] – [設定] – [一般設定]から、「WordPress アドレス (URL)」「サイトアドレス (URL)」を編集してください。

■ 更新の確認

[WordPress 管理画面] – [ホーム] – [更新] から、更新がある本体・プラグイン等の状況が確認できます。

■ SSL/Let’s Encryptの設定

DNS設定完了後は、SSL証明書の設定をオススメします。

KUSANAGI 環境にて無料でSSL証明書を利用したい場合は、Let’s Encriptの設定を行うことが可能です。
SSL設定は、sshでroot権限にsuしてから、以下のコマンドを実施してください。ドメイン名(##DOMAIN_FQDN##)とメールアドレス(##EMAILADDRESS##)の文字列を置き換えて実行してください。

# KUSANAGIに設定したFQDNを更新
kusanagi setting --fqdn ##DOMAIN_FQDN## \
  default_profile 

# Let's Encryptの証明書設定と自動更新の設定を実施
kusanagi ssl \
  --email ##EMAILADDRESS## \
  --https redirect \
  --hsts  mid \
  --auto  on \
  --ct  on \
  default_profile 

コマンドの詳細は、公式のドキュメントをご参照ください。その他、KUSANAGIについての詳細は、公式サイトをご参照ください。

4.設定内容の詳細

※2016年11月17日現在

OS 設定

項目
概要・バージョン
Timezone
Asia/Tokyo
言語
ja
キーボード選択
ja
rootパスワード
サーバ作成時に指定
kusanagiパスワード
サーバ作成時に指定
MariaDB rootパスワード
サーバ作成時に指定
rootパスワード
サーバ作成時に指定
kusanagiプロファイル名
default_profile (固定)

WordPress 設定

項目
概要・バージョン
WordPressのバージョン
4.6.1 作成時点での最新
WordPress言語
ja
サイトURL
サーバIPアドレスを指定(適切なドメインに後から設定してください)
SSL証明書
自己証明書(正式な証明書や、Let’s Encryptの設定を後で行ってください)
WordPress DB名
自動作成
WordPress DBユーザ名
自動作成
WordPress DBパスワード
自動作成
wp-config.php の場所
/home/kusanagi/default_profile/DocumentRoot/wp-config.php
お電話でのお問い合わせ

0120-380-397

カスタマーセンター 受付時間:平日10:00〜18:00

※さくらのクラウドについてのお問い合わせは、音声ガイダンスにて[6]番をご選択下さい。