SAKURA internet

さくらのクラウドの最新情報、技術情報

さくらのクラウドニュース

さくらのクラウドの最新情報や、開発に役立つ技術情報をお届けします。

クローン

[更新:2017年5月11日]

データベースにおけるアプライアンスのクローン機能に関するページです。

概要

作成済みデータベースアプライアンスをデータベースの内容及び設定含めて複製を行う機能です。本番環境で作成したデータベースをクローンし、開発環境として利用することや、その逆も手軽にできるようになります。

利用手順

クローン手順は以下の2通りあります。

詳細画面のクローンボタンから作成

左メニューの「データベース」をクリックし、クローンするデータベースの行をダブルクリックします。
dbclone01

右上の「クローン」ボタンをクリックします。
dbclone02

必要事項を入力し、右下の「作成」ボタンをクリックします。
dbclone03

アプライアンス追加画面から作成

左メニューの「データベース」をクリックし、右上の「追加」をクリックします。
dbclone04

「クローン元データベース」のドロップダウンメニューからクローン元のデータベースを選択し、データベースを作成します。

詳細情報

クローンによって作成されたデータベースは、クローン元として参照されているデータベースのバックアップを全て複製し、最新のバックアップからデータベースへの書き戻しまで実施した後に有効状態となります。クローン元のデータベースアプライアンスにバックアップがない場合、新規の空のデータベースが作成されます。
cp1

DB管理者情報(クローン元の管理パスワード、ユーザアカウント、ユーザパスワード)はクローン元のデータベースから継承されます。
 

クローン時のDBバージョンの制限

データベースアプライアンスで提供されるデータベースエンジンのバージョンはPostgreSQL、MariaDBともに以下のように表記しております。。

X.Y.Z

[X.Y]の部分がメジャーバージョン、[Z]の部分がマイナーバージョンとなります。
クローンを実行すると、自動的にクローン元のメジャーバージョンのさくらのクラウドが提供する最新のマイナーバージョンのエンジンが選択され提供されます。
データベースアプライアンスではメジャーバージョンを超えてのクローンには対応しておりません。

例:ご利用中のデータベースのエンジンのバージョンが[PostgreSQL 9.4.7]の場合、メジャーバージョンの9.4系の中でさくらのクラウドが提供する最新のマイナーバージョンである[PostgreSQL 9.4.11]でクローン先は作成されます。

お電話でのお問い合わせ

0120-380-397

カスタマーセンター 受付時間:平日10:00〜18:00

※さくらのクラウドについてのお問い合わせは、音声ガイダンスにて[6]番をご選択下さい。