さくらのクラウドの最新情報、技術情報

さくらのクラウドニュース

さくらのクラウドの最新情報や、開発に役立つ技術情報をお届けします。

おしらせ

「さくらのクラウド」に追加された、ISOイメージの各OSにつきまして

 「さくらのクラウド」では、10月18日・19日にISOイメージを追加いたしました。これら追加されたISOイメージのOSについて「名前を聞いたことはあるけど、どのようなOSなのかよくわからない」「どのOSが自分の要件にあっているかわからない」といった声をお聞きいたします。
 
今回は追加されたISOイメージの各OSについて簡単に解説いたします。
 

○ CentOS 5.8 / CentOS 6.3

言わずとして知れた RHEL クローン OS です。特徴としては、10 年間の長期サポート[1]があげられます。
 
互換性のために 32bit も用意しておりますが、32bit ではメモリサイズに制限があり、サーバのプラン変更を行った際にメモリが有効に利用できない、などといったケースが発生する可能性があります。そのため、特に理由が無ければ、64bit 版を利用されることをお勧めします。
[1] http://wiki.centos.org/Download

○ Scientific Linux 6.1 / 6.2 / 6.3

RHEL クローンの一つです。CentOS の場合新しいマイナーリリース(例えば CentOS 6.3)のリリース後は以前のマイナーリリース (CentOS 6.2) の更新が打ち切られますが、Scientific Linux の場合以前のマイナーリリースもセキュリティフィックスが供給され続けます。
 
マイナーリリースによる性能改善、機能追加を希望されない方は CentOS よりも ScientificLinux を選択したほうが良いと考えられます。
 
こちらも互換性のために 32bit も用意しておりますが、特に理由が無ければ、64bit 版を利用されることをお勧めします。

○ Fedora

RedHat 社が支援するコミュニティベースのディスストリビューションで、リリースが頻繁に行われており、最新の技術を積極的に取り込むことを特徴としており、最新の機能のテスト用途に適しています。ただしサポート期間が短いため、長期間の利用には適しません。

○ FreeBSD 8.3-RELEASE / 9.0-RELEASE

FreeBSD の公式ディストリビューションです。こちらも互換性のために 32bit も用意しておりますが、特に理由が無ければ、64bit 版を利用されることをお勧めします。

○ Debian GNU/Linux 6.0.6 / wheezy beta3

stable release である Debian GNU/Linux 6.0.6 “Squeeze” とtesting release である Debian GNU/Linux wheezy を用意しております。
 
変化を最小限に抑えたいサーバ用途では、ソフトウェアのバージョンアップ無しにセキュリティアップデートが提供される stable の利用が適しています。
 
testing は次期安定板でパッケージのバージョンが頻繁に更新されるため、サーバでの利用には適しませんが、stable と比較して新しいパッケージを利用できるというメリットがあります。

○ Debian GNU/kFreeBSD 6.0.6 / wheezy beta3

GNU のユーザーランドに FreeBSD のカーネルを組み合せたディストリビューションです。テクノロジープレビューとなっているためテスト用での利用を推奨いたします。

○ Ubuntu Server 12.04.1 LTS / 12.10

Debian GNU/Linux の unstable (sid) を元にしたディストリビューションで、Debian GNU/Linux の stable と比較してパッケージが新しくなっております。
 
5年のサポートがある、LTS (Long Term Support) 版とサポート期間が短かいですが、最新のパッケージが利用できる 12.10 を用意しています。ただ、LTS の場合でもサポートがあるのは、Main に含まれたパッケージのみで、Universe に含まれているものはサポートなしとなっている点には注意が必要です。

○ OpenIndiana

OpenSolaris が実質的に終了したことにより、OpenSolaris から分岐して実質的な作成されたディストリビューションが、OpenIndiana です。Solaris とのバイナリ・パッケージ互換を目標としている OS です。

○ Illumian

OpenSolaris に Debian で用いられている APT パッケージ管理システムを組み合わせたディストリビューションとして、NexentaCore がありましたが、OpenSolaris の終了に伴なって、OpenSolaris の変りに Illumosと組み合わせるようになったものが、Illumian です。
 
以上、今回の追加したISOイメージを簡単に解説してみました。皆様の要件にあったOSをご利用いただければ幸いです。

お電話でのお問い合わせ

0120-380-397

カスタマーセンター 受付時間:平日10:00〜18:00

※さくらのクラウドについてのお問い合わせは、音声ガイダンスにて[6]番をご選択下さい。