さくらのクラウドの最新情報、技術情報

さくらのクラウドニュース

さくらのクラウドの最新情報や、開発に役立つ技術情報をお届けします。

活用TIPS

【TIPS】アカウントを超えてサーバのコピーを行う手順

「さくらのクラウド」のアカウント間でサーバコピーする際の手順をご説明します。

1. 概要

さくらのクラウドのコントロールパネルでは、会員IDのほかに

・コントロールパネルへのログイン認証の単位となる「ユーザ」
・リソースの作業空間となる「アカウント」

の概念が存在します。

cp0

このうちリソースの作業空間単位であるアカウントとアカウントの間では、サーバをクローンしたり、アーカイブを共有したりすることができません。そのため、さくらのクラウドの機能の範囲では、アカウントを超えたサーバのコピーを行うことができません。
servercopy01
servercopy02

本記事では、rescueディスクでサーバをブートし、ddコマンドを使用することで、アカウントを超えてサーバをコピーする手順について解説致します。
servercopy03

2. 作業手順

作業は以下の手順で実施します。

・コピー先アカウント上に、コピー元サーバと同一容量のブランク・ディスクを指定してサーバを作成します。CPUコア数やメモリ容量等のスペックはコピー元サーバと異なっていても構いません。本記事では、コピー元サーバはCentOS6.7を使用しており、コピー先サーバはCentOS6.7のISOイメージを使用して起動するものとします。
servercopy04n

 
・コピー先サーバを作成し起動した後、コントロールパネルのサーバ詳細画面にて[コンソール]タブをクリックします。下記画面が表示されますので、[Rescue Installed System]を選択します。
dd01n

 
・ネットワークインターフェース設定を行うか選択する画面が表示されますので、[Yes]を選択し、Enterキーを押下します。
dd03

 
・インターフェース選択画面では[eth0]が表示されますので、[eth0]を選択し、[OK]へ移動しEnterキーを押下します。
dd04

 
・コピー先サーバに割り当てられたIPアドレス・プリフィックス・ゲートウェイ・ネームサーバを入力します。割当情報はサーバ詳細画面の[NIC]タブで確認できます。
dd05

 
・ディスクマウントはSkipで結構です。[Skip]を選択し、Enterキーを押下します。
dd06

 
・この先の手順ではコマンドラインモードを使用します。「shell」を選択し、[OK]へ移動しEnterキーを押下します。
dd07

 
・以下のコマンドを入力し、コピー元サーバからコピー先サーバへディスクコピーを実行します。

# ssh <コピー元サーバのIPアドレス> dd if=/dev/vda bs=16M | dd of=/dev/vda

※このコマンドを実行するとコピー元サーバSSH、接続先サーバに設定された公開鍵のフィンガープリントが表示されるので、問題がなければ”yes”を入力します。
dd09

 
・コピーが完了したら、下記コマンドを入力し、サーバをシャットダウンします。

# poweroff

 
・コピー先サーバのサーバ詳細画面から操作し、ISOイメージを取り出します。

 
・左メニューの[ディスク]をクリックし、一覧からコピー先サーバのディスクを選択します。

 
・[ディスクの修正]をクリックします。
modifydisk01

 
・[ディスク修正]をクリックし、コピー先サーバのIPアドレスに書き換えます。
modifydisk02n

 
・左メニューの[サーバ]をクリックし、コピー先サーバを選択して起動します。

 
アカウント間でのサーバコピーの手順は以上です。

お電話でのお問い合わせ

0120-380-397

カスタマーセンター 受付時間:平日10:00〜18:00

※さくらのクラウドについてのお問い合わせは、音声ガイダンスにて[6]番をご選択下さい。