さくらのクラウドの最新情報、技術情報

さくらのクラウドニュース

さくらのクラウドの最新情報や、開発に役立つ技術情報をお届けします。

おしらせ

特殊タグ「@virtio-net-pci」廃止・仕様変更のお知らせ

平素はさくらのクラウドをご利用いただき、誠にありがとうございます。

さくらのクラウドでは、サーバへの付与により仮想NICをデフォルトのIntel PRO/1000からvirtio-netに変更する特殊タグ「@virtio-net-pci」を提供しておりますが、昨今仮想環境でのvirtio-netの使用が標準的になっている状況を踏まえ、2017年9月28日に@virtio-net-pciタグの廃止およびデフォルト仮想NICをIntel PRO/1000からvirtio-netへの変更作業を実施することといたしました。

この変更に伴い、サーバオプション「NICドライバ」を新設いたしました。
従来は特殊タグで仮想NICの指定を行っておりましたが、サーバのオプションとして仮想NICのモードを切り替えることが可能となります。

 

コントロールパネルからのサーバ作成や、作成済みのサーバは従来の挙動と変更はございません。
仮想NIC`e1000`を持つサーバをAPIより作成されているお客様につきましては、移行期間終了後は明示的な仮想NICのドライバの指定が必要となります。ご注意頂ますようお願い申し上げます。

※本移行に関して作成済みのお客様サーバの停止やネットワーク断は発生いたしません。

移行スケジュール

全体の移行スケジュール及び移行に伴い挙動の変更は以下の通りです。

2017年8月3日:移行期間開始

・サーバオプション「NICドライバ」を選択いただけるようになります
・コントロールパネルより新規にサーバを作成された際に特殊タグで「@virtio-net-pci」が付与されなくなり、「NICドライバ」で仮想NICのモードを確認することができます。
・「NICドライバ」をAPIから操作できる「InterfaceDriver」をご利用できるようになります

2017年8月3日~9月27日:移行期間中

■「NICドライバ」の指定なし、「@virtio-net-pci」の特殊タグが付与されずに新規に作成されたサーバは、「NICドライバ」が”e1000”が選ばれた状態で作成されます。

※「NICドライバ」でe1000が選択され「@virtio-net-pci」の特殊タグが付与されている場合には、「@virtio-net-pci」の設定が優先されvirtioとして動作します。

2017年9月28日:移行期間終了

・「@virtio-net-pci」が移行期間終了時点で付与されているサーバから外されます
・「@virtio-net-pci」が移行期間終了時点で付与されていたサーバの「NICドライバ」は”virtio”が選択された状態となります
・「@virtio-net-pci」が付与されていないサーバは「NICドライバ」が”e1000”が選択された状態となります

■「NICドライバ」の指定なし、「@virtio-net-pci」の特殊タグが付与されずに新規に作成されたサーバは、「NICドライバ」が”virtio”が選ばれた状態で作成されます。
※仮想NICを”e1000”で作成される場合には明示的に「NICドライバ」でe1000を指定してください
※「NICドライバ」でe1000が選択され「@virtio-net-pci」の特殊タグが付与されている場合には、「@virtio-net-pci」の設定が優先されvirtioとして動作します。

ご注意事項

・シンプルモードを用いない場合にはNICの設定項目より「準仮想化モード(Virtio)」のチェックボックスを入れることで、「NICドライバ」はvirtioが選択されます。同様にチェックを外すことで「NICドライバ」はe1000が選択された状態でサーバの作成を行うことができます。
・シンプルモード利用時には、「NICドライバ」はvirtio固定となります

・お使いのOSによっては仮想NICがe1000/virtioいずれかにしか対応していない場合があります。お使いの環境に合わせて「NICドライバ」を適切に選択ください。
・「NICドライバ」の設定変更はサーバが停止状態である場合にのみ可能です。サーバが起動中の場合には一度停止の上設定変更をお願い致します。

お電話でのお問い合わせ

0120-380-397

カスタマーセンター 受付時間:平日10:00〜18:00

※さくらのクラウドについてのお問い合わせは、音声ガイダンスにて[6]番をご選択下さい。